h a n a ~穀菜料理教室~
hanaburo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
♪ 栗原自然歯科医院 パートⅡ
栗原自然歯科医院の過去の関連記事は → 

3月に詰め物が取れ、しばらく放置してましたが・・・

一度診て頂きたくて、行ってきました。


最初の記事では書かなかったのですが。

栗原自然歯科医院では、先生と患者が1対1で一時間の予約枠になります。


特に初診の時は、1時間の時間の中で40分以上が1対1のお話。

デスクで向き合いながら、

育った環境・学生時代の部活動・過去の病気・仕事の事 などなど・・・

検診も含めると、確か一時間以上かかっていたような気がします。

今の歯の状態になった経緯を、話の中から判断されるのでしょうね。


hanaは、奈良→滋賀まで行ったので、

初診であっても、何かしらの処置をして頂けると思ってました。


が、先生がおっしゃった一言は・・・


先生:「まぁ、初対面の男性に口を開けて触られるのも何でしょうから、今日は帰って下さい。」

hana:「・・・・・(笑)」


でした。

だって歯医者ですよ~。

でも、奈良からわざわざ来てるから早く治療をしよう・・・ではなくて、

信頼関係が大切なんです。と栗原先生。


凄いと思いませんか?

一時間の1対1という時間の取り方も凄いけど。


歯を雑に扱うのは、その方の歴史を雑に扱うのと一緒なんでしょうね。

本当に尊敬します。



で、今回。

詰め物が取れた原因と、残っている痛みについての説明。

栗原先生が書いて下さった絵が↓

e0188266_20205231.jpg

どう力が働いて、歯がこういう状態になったのか、

又どう埋め込むと、以後歯が良い状態を保てるのか。

解りやすく説明して下さいます。


歯の痛みや歯肉炎の原因。

意外に多いのが、

歯の食いしばり・・・だそうです。


気がついていない癖や姿勢で同じ歯に、とても強い力が加わっていたり。

ストレスで、寝ている間に、やたら強く噛み締めていたり。

全て無意識のうちに起こってます。

一生懸命何かをしている時は、結構食いしばっていたりするようです。

口は閉じていても、歯は浮いているのが通常の状態。

hanaの歯は、多分食いしばりによって、詰め物が窮屈になり外れたようです。。。

虫歯は無かった。


へ~と思って、帰り道。

無意識に、食いしばっている事がないか?

と考えながら帰ったhanaでした。

歯だけでなく、色々な気づきを得ました。

ありがとうございます。


皆様も、食いしばりには要注意ですよ(笑)


by hana
by kaimerk | 2010-05-19 20:25 | 自然歯科