h a n a ~穀菜料理教室~
hanaburo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
♪ 猛暑で売れている・・・
お盆を過ぎても何のその・・・という暑さが続いておりますが。

猛暑で売れている物が色々あるようです。

ジャンルが色々ありますが、

『食』の視点から気になったのが・・・


・アイスクリーム

この暑さのだと、十分想像がつきますね。

ファミリーパックがとても売れていて、特に「ガリガリ君」のような氷系のアイスが品切れ状態だとか。

でも一位は「井村屋のあずきバー」のようです(笑)


他にも清涼飲料水やコンビニの売上が例年以上に上がっているようです。


そして、「えっ!?」 でも 「やっぱり。」と思ったのが・・・

・下痢止めの薬


冷たい飲み物やアイスクリームを摂り過ぎて下痢になっている人が多いようです。

マクロビオテイックの目線からお話すると・・・

清涼飲料水・アイスクリームといった極陰性の物を摂りすぎると、

細胞や腸がゆるんで、下痢という症状に。


便にも陽性・陰性があります。

硬すぎる便は陽性、軟らかくひろがった便は陰性。

便を診ると、自分の体調や摂った物の陰陽がわかります。

下痢は極めて陰性症状の一つ。
(特殊な例を除いては。)


こんな時に効果的なのが、

『梅酢』です。

酸味には「収斂(しゅうれん)」といって、

出過ぎる体液を止める(引き締める)働きがあります。

出過ぎる便・汗を止めてくれる訳です。


梅酢 : 水(ぬるま湯) を 1 : 2 で飲用します。


吐き下しの時にもお勧めです。

猛暑の中のスポーツ中の水分補給にも、水に少しの梅酢を入れておくと、

体液への吸収率が上がり、出過ぎる汗にも効果的で、防腐作用も働き、一石三鳥です。


同じ酸味の米酢・レモン(果物)などは、梅酢に比べると陰性になります。

陰性だと緩める働きがあるので、陽性の酸味という事でやはり『梅酢』が効果的。


五行の季節で言うと、今は『晩夏』に入りました。

セミの声も、ほぼ聞こえなくなって・・・

残暑が厳しいですが、今の時期の清涼飲料水・アイスクリームの摂り過ぎは、

秋~冬の『冷え性』 そして 酷い場合は春の『花粉症』の原因となります。


そろそろ『晩夏』の地上付近に実る野菜を中心に、冷える物を避けていく方が良いと思います。

夏野菜も、火を通して多食しなようにしていきましょう。


e0188266_16253984.jpg

「僕は、まだ暑い~!」
 と申しております・・・(笑)




皆様が、心地よい秋を迎えられますように~♪

by hana
by kaimerk | 2010-08-23 20:25 | 健康ネタ