h a n a ~穀菜料理教室~
hanaburo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
♪ マクロビオティック薬膳研究会(季節の養生④)
マクロビオテイック薬膳研究会の季節の養生コースの4回目。

今回のテーマは・・・

<血液浄化>

いわゆるデトックスですね。


東洋医学では、

『血液・津液(唾液・胃液・リンパ液などの体液)』を動かしてくれるのが『気』で、

『気』を動かしてくれるのが『熱』と言われています。

『気』は何となくわかるかと思いますが、『熱』ってわかりますか?

これは、全身の筋肉の収縮などから生まれる熱量、いわゆる代謝でもあります。


なので食べた物をちゃんとエネルギーとして使うには、

『気』と『熱』を体に巡らせる必要があります。

だから、運動が必要なんです。

運動は『熱』を作ってくれるので。


そして『気』と『熱』の巡りを邪魔する代表が・・・

・瘀血(おけつ) → 汚れた血液・固まり。ドロドロの流れの悪い血は「血瘀(けつお)」というそうです。
           
・湿 → 津液が過剰になったり、流れが悪くなること。
      だるい・眠い・めんどくさい・梅雨時期の体調悪化は、これにあたるとか。

・痰(たん) → 湿より粘性が高い動きの悪い物質。
          体中の気血津液の流れを邪魔します。


前置きが長くなりました。

テーマに沿った注意点は↓

◆瘀血除去食材&温性&辛味が必要。

◆終わりが詰まれば浄化作用は滞るため、必ず利尿&通便食材を意識する。


e0188266_11395672.jpg【炒り黒豆・青梗菜・ゴマ・橘皮のご飯】
瘀血除去食材の黒豆・油脂を流す青梗菜・
気の巡りを良くする橘皮をあしらったご飯。
炒った黒豆が香ばしく、
教室でも好評でした。


e0188266_1145361.jpg【里芋とアサリの炊き合わせ 春菊磯辺巻き】
痰(たん)取り食材のアサリと春菊を使った一品。
辛味の唐辛子を少し加えて、
アサリの旨みがしみ込んだ里芋に。


e0188266_11515491.jpg【小豆こんぶ】
利尿の為の一品。
小豆のアクを出さないように、
くつくつ炊くのがポイントのようです。
小豆の甘さがしっかり出てて、
美味しかったです。


e0188266_11545262.jpg【しぐれ牛蒡】
お肉大好きな方にもウケる一品だとか。
牛蒡を甘辛く、生姜やニンニクと炊き合わせてます。
腸のお掃除メニュー。


e0188266_120810.jpg【蓮根・人参・三つ葉のピーナッツ和え】
血を作る一品。
甘味の蓮根・ピーナッツペースト。
温性・辛味の三つ葉や人参、。
そして酸味の酢。
全て揃って造血効果があります。



かなりボリュームある献立でした。

いつも試食の後は大満足の気分になれる教室です。

今日は薬膳食材を一つご紹介。

e0188266_12182747.jpg
【橘皮(きっぴ)】
ミカンの皮を乾燥させたもの。
気の巡りを良くして消化を助けてくれます。
写真上の左が今年の秋もの(先生作)。
写真上の右が昨年の秋もの(先生作)。
写真下が漢方薬局のもの。
古いほど、効能アップするといわれているそうです。



皆さんも、美味しくデトックスできますように~♪


by hana
by kaimerk | 2011-01-19 06:34 | 薬膳研究会