h a n a ~穀菜料理教室~
hanaburo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
♪ マクロビオテイック薬膳研究会(体質別養生【陰虚】)
薬膳研究会の体質別養生コース。


第三回のテーマは【陰虚】がテーマ。

陰虚って、陰性食品の不足で起きる症状とばかり思っていたhana。

少し(いや、結構)違っていました。


◆陰虚・・・臓腑の機能が低下し、陰液(津液・精・血)が不足する症候。


主な症状として、微熱・のぼせ・ほてり・のどの渇きなど。

気()はあるけど、材料となる体液()不足による症状がこれらを引き起こします。

原因は、「塩辛いものの多食」「スパイス&動物性の多食」「過労・睡眠不足」など。

「陰虚」症状が出た時の組み立ては・・・


滋陰類(陰液を養う食材)を中心に、養血類(血を養う食材)と補気類(気を養う食材)を加える。
 又「熱症状(ほてり・不眠・頬が赤い)」がある場合は清熱類(熱を取り除く食材)を加える。

e0188266_20424470.jpg
【セロリごはん】
精神安定・肝の養生メニュー
五分搗き米に、精神安定の押し麦、
平肝作用のあるセロリを加えたご飯。
肝と腎の陰液を補うクコの実をトッピングして。


e0188266_2048437.jpg
【豆腐蓮根ホタテの茶巾蒸し】
清熱・滋陰メニュー
滋陰の豆腐・ホタテ、陰液を作る蓮根、
養血の人参、補気のインゲン・椎茸が入ってます。
ソースは肺・大腸を潤すゴマをたっぷり使って。
消化を助ける、しょうが・紫蘇・茗荷もトッピング。


e0188266_20561740.jpg
【キノコとアスパラのマリネ 湯葉と焼きトマト添え】
清熱・滋陰・化痰メニュー
補気のキノコと、滋陰のアスパラをたっぷり使ったマリネ。
清熱の湯葉・トマトを添えて。


e0188266_2110217.jpg
【じゃが芋サラダ アボガドソース】
滋陰・補気・潤肌メニュー
塩マクロをしていた方にもお薦め。
補気のじゃが芋・アボガド、
通便の豆乳を使ったクリーミーサラダ。
レモン汁がしっかり効いていて美味しかったです。



「陰虚」を補う料理だから、物足りないのかなぁ~と想像してましたが、

全く逆で、結構重たいメニューでした。

体の中の「陰」って「血・津液(体液)」の事。

この材料を作り出すメニューだから、重たくもなります。

しっかり補充して、潤いたっぷりの女性でいたいものです。


次回は「湿症」です。

ちょうど今、梅雨で体も湿気やすい時期ですね。

お楽しみに♪


by hana
by kaimerk | 2011-06-07 21:32 | 薬膳研究会