h a n a ~穀菜料理教室~
hanaburo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
♪ マクロビオティック薬膳研究会(症例研究科【肥満】)
今月の症例は【肥満】

生理学的な定義では「肥満」は正常よりも20%以上脂肪組織が増加した状態。


中医学からみると、肥満の人は『虚証』(働きが足りなくて)が原因で、

余分な実邪(湿・痰など)を排除できなくなった状態。


それゆえ「虚証」を補う料理となります↓

e0188266_1141656.jpg
【オートミールと長芋粥】
気虚・胃陰虚の方に対応。
荒れた胃の粘膜の保護やコレステロールを下げてくれます。
オートミールが水溶性繊維で良いようです。
トッピングは、補気・養血の蒸し鶏。


e0188266_114944.jpg
【ウドとこんにゃくの当座和え】
通便メニュー。
ウドは皮ごと頂きます。
むくみ太りの方にはヒットするメニュー。
美味しかった♪


e0188266_11554912.jpg
【大根スープのズッキーニパスタ】
ローフードメニュー。
生の野菜をしっかり頂く事で、ビタミン・ミネラルといった
補酵素が摂取でき、代謝を上げてくれます。
トッピングのキンピラゴボウも、一切火を入れずに作りま。
以外に生のゴボウも美味しい物でした。


e0188266_1215872.jpg
【アラメのサラダ】
油脂取りメニュー。
生の新玉ネギとアラメをベースに、
さっと茹でた大根・じゃが芋を、
ポン酢味で味付けたサラダ。
乳製品が多かった人は美味しく感じます。



「肥満」メニューだけど、

かなりボリュームのあるメニューでした。

勝手にひもじいメニューを想像していただけに(笑)


普段の食事でも、食べる順番などを気にするだけで、

吸収率や代謝が変わり、痩せたりするようです。

「酵素」をもっている生野菜は最初に食べるのが基本となります。

是非ご参考に♪



by hana
by kaimerk | 2012-04-04 19:32 | 薬膳研究会