h a n a ~穀菜料理教室~
hanaburo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
<   2010年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
♪ もっと『私』と仲良くなるツボナビ講座Ⅲ in 谷田鍼灸院
行ってまいりました。

谷田鍼灸院です。

「谷田先生」でピンと来られない方は、こちらをどうぞ。

(谷田先生シリーズ

そして、この文面に見覚えのない方は本家をどうぞ(笑) → Yさん伝説



今日は、ツボナビ講座の第3回。

胃経・脾経・心経・小腸経・膀胱経 と進み、盛りだくさんな内容でした。

半年以上前に購入していた数冊の経絡・経穴の本。

見ても、よく解らない事が多かった。

谷田先生の講座を受けて、少しずつ謎が解けていく訳です。

今日の、そうだったのか・・・の一つをご紹介。


各経絡の名前。

「手の陽明大腸経20穴」「足の少陰腎径27穴」・・・

手とか足は解りますが、陽明とか少陰とかって???

もしかして、「少陰大腸経」とか「陽明腎経」とかもあるの?ぐらいに思ってました。勝手に。


厥陰(けついん)→少陰(しょういん)→太陰(たいいん) の順で 陰 が強くなる。

少陽(しょうよう)→太陽(たいよう)→陽明(ようめい) の順で 陽 が強くなる。

という事だそうです。

なので、「手の陽明大腸経20穴」だと陽がとても強い経絡。となるそうです。←なるほど。



【胃】(足の陽明胃経45穴)

代表的なツボ、「梁丘(りょうきゅう)」「足三里(あしさんり)」「上巨虚(じょうこきょ)」
         「解谿(かいけい)」「陥谷(かんこく)」「内庭(ないてい)」

「足三里」・・・一番有名なツボではないでしょうか?

鍼灸の治療でも、まずは足三里を・・・という先生もおられるようですね。他の臓器への助けになる大切なツボ。

「陥谷」や「内庭」は胃経の歯痛(上)に。

「梁丘」は下痢止めに、「上巨虚」は便秘に効くそうです。


~ 胃について ~

・食べた物をとかす。(腐熟)

・胃の氣が真氣を助ける。
 →先天の氣+後天の氣=真氣
   後天の氣が働く為には、胃の氣が必要。

・胃経が病むと、躁鬱(そううつ)の躁の症状が出やすい。(陽が強い為)



【脾】(足の太陰脾経21穴)

代表的なツボ、「隠白(いんぱく)」「公孫(こうそん)」「三陰交(さんいんこう)」「陰陵泉(いんりょうせん)」

「公孫」・・・個人的にお世話になってるツボです。腹ナビ講座でも活躍間違いなし!

「三陰交」・・・脾・肝・腎の三つの陰の経絡が交わっているツボ。


~ 脾について ~

五行の「脾」としての大きな役割は、

・手足を主る。

・摂食行動(欲する物を手に入れる)に深く関連。

・血肉をつくる。

脾としては、

・運化(胃がとかした物を消化・吸収)

・脾経が病むと躁鬱(そううつ)の鬱(うつ)の症状が出やすい。




【心】(手の少陰心経9穴)

代表的なツボは、「少海(しょうかい)」「通里(つうり)」「神門(しんもん)」

「少海」・・・精神を安定させる。

「神門」・・・脳梗塞・脳卒中・目の焦点が合わないなどに。


~ 心について ~

・君主・・・精神作用の元。

・心は一つの臓器で二つの経絡ををもっている。

・心熱が上がると、舌先がピリピリする。



【小腸】(手の太陽小腸経21穴)

代表的なツボ、「後谿(こうけい)」「養老(ようろう)」「臑兪(じゅゆ)」「天宗(てんそう)」

「後谿」・・・脳梗塞や緊張の極みであるパーキンソン病の症状を和らげる。

「養老」・・・解毒のツボ。


~ 小腸について ~

・水→膀胱へ、かす→大腸へ 分ける働き。

・耳でも、浅い所の症状は小腸と関連。(腎ではなく。)



【膀胱】(足の太陽膀胱経67穴)

代表的なツボ、「通天(つうてん)」「天柱(てんちゅう)」「崑崙(こんろん)」「申脈(しんみゃく)」
         「京骨(けいこつ)」「至陰(しいん)」

「通天」・・・鼻づまりに。

「天柱」・・・肩こり・首痛に。

「申脈」・・・膀胱経を緩める。

「至陰」・・・逆子・難産に。


~ 膀胱について ~ 

・州都・・・水を支配している。

・股関節の疾患と関連。

→ 腎と関連していて、腎は来週となったので又来週の記事に書きますね。



ん~。

やはり、言葉や文字にすると小難しいですよね?

楽しく話しを聞いたり、経絡やツボに触れていると、そんなに難しくないんですが・・・

眠くならずに読んで下さった方、ありがとうございます。


西洋医学とは違う、臓器やその経絡の働きを知ると、

とても面白いです。

ツボも、本とにらめっこしてても???でした。


講座後見たら、ふむふむな感じです。

あとは、普段の生活に生かしていけるよう実践です。

なんちゃって~で脈を診ながら(笑)


来週はツボナビ講座の最終回。

今回も、ありがとうございました。


by hana
by kaimerk | 2010-04-30 21:22 | 講座レポート 体編
♪ 天然酵母パン『樸 木』(あらき)
e0188266_20571466.jpg

車をとめて、お庭に入るだけで癒してくれるお店。

お店のブログはこちら

パンやケーキは勿論、地元で採れた果物を使った季節の手作りジャムや、

隣の小さな菜園で取れた野菜やハーブを使った手作り加工食品も店頭に可愛く並んでました。

e0188266_21253231.jpg
定番の食パンを購入。

自家製天然酵母は程良い酸味。

重過ぎず、小麦の味がしっかり♪

パン屋さんの気持ちを知るには、

やっぱり食パンですよね。


e0188266_21321451.jpg

いちごとカシューナッツのジャム

こちらも購入。

樸木さんの食パンにピッタリでした。

美味しい手作りジャムです。


e0188266_21521850.jpg


今回は買わなかったけど・・・

ヘルシーなケーキも充実してました。


店内ではカフェメニューも充実。

冬はレトロなストーブが活躍しているかも。

シンプル イズ ベスト を心がけておられる素敵なお店です。


【天然酵母パン 樸 木】
奈良県生駒郡安堵町窪田的場190-1
TEL 0743-57-9300


by hana
by kaimerk | 2010-04-26 22:08 | マクロビ 他 お店情報
♪ もっと『私』と仲良くなるツボナビ講座Ⅱ in 谷田鍼灸院
今日は、ツボナビ講座の第2回。

前回のツボナビ講座の記事をアップしてから、大事な事を書くのを忘れていました。

が・・・

谷田先生が、わかりやすく記事になさってました → 先生のブログ 

4月の山村塾の記事で、血や津液を導いているのは「気」という事を書きました。

「気」の流れが滞ると、血や津液にも滞りが生じます。

で・・・

前回の第1回のツボナビ講座。

気を導いているのは「意識」というお話しと、それをしっかり体感させて頂きました。

これは、本当に凄いと思いました。

谷田先生の基礎講座でも、意識がお留守になると、邪気が入って来やすくなる・・・とお話しされてましたよね。

実際、体で感じてみると驚きです。

体のケアの時だけでなく、普段の生活全般に通じる事。


4月に入って、物理的に少し大変だったhana。

ちょっと講座を詰め込み過ぎたかなぁ~?とか思ってましたが・・・

20日の料理教室の前に、この話が聞けて、本当に良かったです。

意識の持ち方で、料理も変わりましたし。凄く教室が盛り上がってました。

具体的な事、いちごさんが記事にされてます。参考に → いちごさんのブログ 


第2回の講座の内容は、「肺」と「大腸」。

五行でいう「金」のところ。

五行の時、肝臓とか腎臓と言わず、「肝」とか「腎」と言うでしょ。

これは、「肝」には肝臓他、関連する経絡や働きを全部含んでいます・・・という意味があるそうです。


【肺】

・魄(ハク)が宿っている場所。

 日本では「たましい」と言えば「魂」。中国では「たましい」は「魂」+「魄」。

 「魂」・・・気の「たましい」で死んだら天へ。

 「魄」・・・肉体的な「たましい」で死んだら地へ。


 魄は皮膚の感覚を主(つかさど)っていたり、魄が強いと神経質になってしまうそうです。


・皮毛を主る。

 肺が病むと、皮膚炎がおきたり、アトピーが酷くなったり。

 皮膚は外との境目。肺が弱くなると、周囲を気にしすぎる事も・・・


・衛気(えき)を主る。

 衛気・・・口や皮膚から邪気を入れないように守る気。毛穴を開閉させたり、汗を出したり。

 衛気が低下すると、盗汗(寝汗)・悪寒につながる。

 守りたい所に毛を生やすのも、この衛気の働き。


・粛降(しゅくこう)

 粛降・・・呼吸で得た気をきれいにして降ろす作用。


【大腸】

・津液の津(涙・尿)を主る。

・歯痛(下)・鼻づまりと関係している。


などなど、肺・大腸の働きをたっぷり聞けましたが、一番盛り上がったのが「鼻毛」の話しかな(笑)

鼻毛は抜かない方が良い。そして、切っても良いが短くし過ぎない方が良いという結果に。


勿論、肺・大腸の経絡・ツボも教わりました。

ポイントになるツボ。

肺では、「中府(ちゅうふ」「尺沢(しゃくたく)」「列缺(れっけつ)」

大腸では「合谷(ごうこく)」「手三里(てさんり)」「曲池(きょくち)」「臂臑(ひじゅ)」

などなど。

どうゆう時に、どう対処するか、一人づつ生身の体に触れながら教えて頂きました。

やっぱり生身の人でないと、ツボはね。。。


経絡も、走っている部位に触れながら。


谷田先生から頂いた経穴図。

東洋医学の書籍の中でも1~2割にしか載ってない、本当の経穴図を抜粋して頂きました。

よくある経穴図は、肺系なのに肺を通ってなかったり、大腸系なのに大腸を通ってなかったり。

なぜ、そのツボに処置をすれば症状が改善されるのか?

なぜ、その経絡を触れば、臓器が元気になるのか?

途切れ×2の知識が、少しづつ繋がっていく感じです。


来週は、ツボナビ講座の第3回。

胃系・脾系・・・と進んでいきます。

私の中で、面白くなりつつある東洋医学。

しばらく、どっぷり学ばせて頂きます。


学べて幸せです。

ありがとうございます。


by hana
by kaimerk | 2010-04-23 21:53 | 講座レポート 体編
♪ 春のマクロビ料理教室 ~終了編~
e0188266_15133579.jpg

奈良 大和郡山の桜は終わりましたが、

公民館の庭には、とても綺麗な「ハナミズキ」が咲いていました↑


春という事もあって、15名の方が教室に足を運んで下さいました。

初めてお会いする方が多かったので、少し緊張していたhana。

皆さんの明るさにひっぱられ、楽しくお料理させて頂きました。


e0188266_14391085.jpg
予告していた自然塩の実験。

これ、結構hana自身が楽しみにしてました。
結果には、驚きました。

帰宅されてから、
「目から、うろこでした。」
と言う方も。

体が喜ぶ塩と出会えますように♪


お料理は予告していた通り、

・アマランサスのナゲット(真ん中)
・菜の花 と お揚げの みぞれ和え(左下)
・春キャベツと春雨のサラダ(右上)
・新じゃがポタージュ(左上)
・ハト麦入り玄米ご飯
・かぼちゃのシナモンケーキ(右下)

e0188266_14512145.jpg


参加して頂いた目的は、さまざまのようでした。

でも、何か同じ方向性の方が集まって頂いていて、ちょっと怖いくらい盛り上がってましたね・・・

hana自身が感じた事をお伝えしただけで、今回もhanaの方が色々な意味で学ばせて頂きました。


マクロビオティック・・・一つの方法でもあります。

依存せず、ご自身のペースや取り入れ方を、どうか少しづつ探してみて下さい。

皆様とご家族が、優しい気持ちになれば嬉しく思います。


大勢集まって頂いて、至らない点が多かった事と思います。

hanaにとって、たくさんの幸せに包まれた時間でした。

本当に、ありがとうございました♪


by hana


追伸  南部公民館 調理室にピンクのチェック模様の傘を忘れた方。
     hanaが預かっています。ご連絡お待ちしてます。
by kaimerk | 2010-04-21 20:08 | マクロビ 料理教室
♪ 生命力のお裾分け
e0188266_16383865.jpg

昨年の冬に出会った茶畑↑

今年の目標の一つ。

お茶摘み体験ツアーを企画したい!


春になり、新しい芽を出した茶葉。

そこには、とても強く輝く生命力を感じます。


hana自身の生命力が、とても弱くなっていた時期。

公園に咲いているパンジーを見て、とても愛おしく感じました。

そして、もっと強い生命力のある、子犬や赤ちゃん。

正直、連れ去りそうになりました。。。


体って、正直ですよね。

足りないものを、自然と求めています。

生命としての自分が求めたんです。


でも、赤ちゃん連れ去ったら犯罪・・・と頭の自分がストップをかけました。


お茶の木に魅かれてしょうがないhana。

飲む以上に、茶畑に行って茶葉に触れる事は、

生命力をお裾分けしてもらう事。


偏った食事法より、よっぽど体調がよくなりそうな気がします。

一つのセラピーです。


自然栽培の茶葉の生命力に触れてみませんか?

お子様ご一緒でも大丈夫ですよ♪


~ お茶摘み体験 ~ by 健一自然農園

【日程】
5月25日(火)

【時間】
10:00 集合(近鉄 筒井駅に9:15分集合)
      ↓
     茶畑にて茶摘み体験
      ↓
     昼食
      ↓
     茶揉み体験
      ↓
     作ったお茶でティータイム
      ↓
15:30 解散

【場所】
奈良県奈良市都祁

【料金】
大人  3500円(昼食・保険・お土産付)
子供  1000円(      〃     )

【持ち物】
動きやすい服装(長袖・長ズボンが良い)
帽子・飲み物

【その他】
雨天の場合、茶摘みは中止となりますが、代わりに茶染め体験に♪

【申込・問合せ】
お名前・ご住所・お電話番号 を下記までメール下さい。
kaimerk@m4.kcn.ne.jp
hana ~穀菜料理教室~


by hana
by kaimerk | 2010-04-20 17:25 | その他
♪ もっと『私』と仲良くなるツボナビ講座Ⅰ in 谷田鍼灸院
e0188266_21583958.jpg

谷田鍼灸院ってどんな所?

ってたまに聞かれます。↑こんな所。

先生に写真撮影の許可は頂きましたが、ブログ掲載の許可は取ってません。

でもきっと、許して頂けるでしょう(笑)


我が家から、今日は車で伺いました。

40分くらいかな。早かった。


谷田先生シリーズの記事。前回までは↓

・『私』と仲良くなるここだけの話しin名古屋
・もっと『私』と仲良くなる脈ナビ講座~まもなく編~
・もっと『私』と仲良くなる脈ナビ講座~終了編~in名古屋

今回から、日程の都合で、名古屋ではなくて谷田鍼灸院での講座に参加させて頂きました。

平日という事もあって、寺子屋の雰囲気で。

大勢で、わいわいも楽しいですが、少人数でゆっくり・みっちりも楽しいです♪


金曜日・・・という事もあって谷田先生、少し食べ疲れのご様子が(笑)

どうか大阪講座が終るまで、先生がご無事に金曜の朝を迎えられますように♪


経絡・ツボ講座は合計で4回講座です。

今日は第1回。


【陰陽五行とは・相生相剋の関係】

陰陽論・五行論を谷田先生流に解説。

易経(えききょう)・・・陰陽五行論を初めて書いた本。

これを翻訳した先生によって、陰陽や五行の捉え方が違ってくる。

hanaが思うに、伝言ゲームのように、最初→最後に伝わった人だと笑えるくらい違う事になってそう。

先生から日本と中国の文化の違い・漢字の使い方の違いなど、面白い話がちょちょこ。


五行についても、今まで学んだマクロビオティック・望診法とは少し違う角度から。

そして、具体的に普段の生活に陰陽五行をどう取り入れるか・・・

これが大切と。


木・火・土・金・水

弱っている臓器を補う為の処方。

一概に、親にあたる臓器を補えば良いとは言えない訳です。

虚してる症状か、実してる症状か。

又原因はそこなのか・・・など。


【経絡・ツボの法則】

シリーズの最初の記事にも書きましたが。

~ツボの法則~
一、健康な人には存在しない
二、日によって動く
三、気を許した人にしか開かない


↑これ結構反響がありました。

そして経絡は線では無いんです。

帯 なんです。


hanaの周りの人は、「ツボ」があってツボを結ぶ線が「経絡」って思っている人が殆ど。

全くちがうーーー。


で谷田先生、本調子でない喉を酷使して、こう叫んでました。

「ツボを覚えるより、経絡を覚えましょう。」

大体の通り道と方向。

それだけでも覚えれば、普段の生活のケアに役立つとの事。

例えば、頭痛とかね。


ここまでが、午前のお話。

午後からは、面白い実技ワークでした。

今日は「経絡ストレッチ」を教えて頂きました。

①督脈
②任脈
③肺・大腸
④脾・胃
⑤心・小腸
⑥腎・膀胱
⑦心包・三焦
⑧肝・胆嚢

8種類のストレッチ。

スポーツトレーニングでのストレッチのイメージとは全く違うものでした。

丹田呼吸を使って、体に負荷をかけないストレッチ。

異常気象とニュースになるほど寒い日でしたが、治療院の一室は暑かった。とっても。

それぐらい体は温まります。

2年以上ヨガをやってましたが、結跏趺坐(けっかふざ)ができないhana。

痛すぎて無理なんです。

今日は、そんなhanaにほんの少しの光が差しました。


来週から各経絡とツボの勉強に入ります。

360個あるツボ。日常ケアに使うツボはたった20個程度だそうです。


楽しく学んできたいと思います。

谷田先生、今日もありがとうございました。


by hana
by kaimerk | 2010-04-16 22:05 | 講座レポート 体編
♪ 道具屋筋 in 千日前
e0188266_20523048.jpg


インターネットの普及で、商店街で買い物する人が激減している世の中。

hanaも、目的の物を求めてお店に行く時間と交通費を考えたら、インターネットが殆ど。


でも、やっぱり見て・触れて買いたいものも多くあります。

浅草のカッパ橋と比べたら、数分の1の規模の大阪 千日前の「道具屋筋」。

難波グランド花月の横が入り口↑です。


何回行っても、hanaはわくわくしてしまいます。


お店に入って、買う物は決まってました。

でも、店のおじさんが「何探してるの~?」って子供に聞くように・・・

で、「セイロの蓋一つと、身二つ!」って言ったら、なんかとても驚かれた。。。


hanaがセイロを買うのは意外だったのでしょうか?

それとも、受け答えが意外だったのでしょうか?

買ったのはこれ↓

e0188266_219152.jpg


憧れのセイロはやっぱり照宝セイロ

まだhanaには、ちょっぴり早いようです。

いつか会えますように~♪


by hana
by kaimerk | 2010-04-14 21:16 | その他
♪ 山村塾 大阪 4月講座
初夏のような陽気に包まれた今日。

山村塾の4月講座が開催されました。

今日よりhanaは中級講座です。

会場に着くと、凄い熱気。初級の受講者さんの熱心さが感じられました。


昨年の冬くらいから、このブログで山村塾の事を記事にしてるのですが、

毎回どこまで書こうか悩んで、結局講座の内容は殆ど書かず・・・

山村先生からの、心に残ったお言葉をよく書いてました。

今年度は少し、講座の内容を書きたいなぁと。


マクロビオティックも東洋医学も中医学も、とても奥の深いもの。

hanaなんかの知識・教養で記事にするには・・・正直不安です。


間違った事を書いてたらどうしよう?

こうゆう理解で大丈夫かなぁ?

とか・・・


でも、やはり記事にする事で、学んだ事を頭と心で整理する事ができるんです。

そして書く事で、頭と心に入ってくる。

読んで頂いてる方には申し訳ないですが、hanaの方が勉強ですね~。

e0188266_2012111.jpg

第1回は「陰陽五行説」と「中医学の人体観」の2つが大きなテーマでした。


【陰陽五行説】・・・ 中医学の中で最も基本となるもの。陰陽説と五行説が合わさって出来ている。

まずは、山村先生から陰陽の事でお話しがありました。

陰陽説・・・

中国古代哲学だそうです。

中医学の陰陽は、マクロビオティックの陰陽と少し違っています。

これは、見る角度を変えると、陰陽が違ってくる事がある・・・と。

昨年、本を読んで陰陽が違う・・・なんで?って思ってたけど、先生のお話しを聞くと納得。


五行説・・・

をこすれば火が生まれ、が燃え尽きると土となり、の中には金脈があり、
脈の中には水が生じ、は木を育てる。

自然界で繰り返される動きを、人の臓器などに当てたもの。

お互いに補い合って循環している動きを「相生」。

お互いに剋して循環している動きを「相剋」。

↑(写真)この表は昨年から毎回、講義に登場してます


【中医学の人体観】

気・血・精・津液(しんえき)・・・生命を維持する基本的な物質。

ここで「津液」って何?

「津液」とは唾液・胃液・腸液・尿・汗などの事だそうです。


気の流れは、血や津液の流れを支配していると言っても過言でないようです。

又気の大切さを実感しました。

五臓六腑のお話し、そして五臓のどこで気血精津液が作られ・配られているか・・・

そういったお話し。そして中医学用語などを学びました。


本を見てると麻酔薬のように眠くなりますが、

面白くお話しして頂けると、目が冴えます。

今日の大阪講座では、朝~初級・午後~中級・夕方~上級だった山村先生。

オヤジギャグを言ってる暇は無い・・・との事。

ん~聞きたかったなぁ~。

なんかオヤジギャグを聞かないと、講座を受けた気がしないのはhanaだけでしょうか?


講座の後は認定書を一人づつ・・・記念撮影。

慎ちゃん先生は、アイドル以上のちょー笑顔でした(笑)


e0188266_2114654.jpg

e0188266_21142647.jpg




山村先生・怪鳥さん・受講者の皆さん、

今年度も、どうか宜しくお願い致します。

by hana
by kaimerk | 2010-04-11 21:21 | 山村塾(望診法)
♪ 春のマクロビ料理教室 ~まもなく編~
e0188266_1633797.jpg

4月20日(火)に予定しております春のマクロビ料理教室

今回は、定員を超える皆様にお申込を頂きました。

本当に、ありがとうございます。

現在、申込を終了させて頂いております。

申込を頂いた方は勿論、行ってみようかと思って下さった方、

行きたいけど日程が合わなかった方、皆様・・・ありがとうございます。


思う事があり、メニューを少し変更致しましたのでお知らせ致します。


・ハト麦入り玄米ご飯
・アマランサスのナゲット(写真)
・菜の花とお揚げのみぞれ和え
・春キャベツと春雨のサラダ
・新じゃがのポタージュ
・かぼちゃのシナモンケーキ(写真)



ロールキャベツ → アマランサスのナゲット へ変更しちゃいました。

ロールキャベツを楽しみにして下さった方、ごめんなさい。

でもアマランサスのナゲット・・・美味しいしですので(笑)

春キャベツはサラダでたくさん使う予定です。


e0188266_16371077.jpge0188266_16381685.jpg


↑会場の公民館前の「しだれ桜」と「郡山城の夜桜」。

20日までは、もたないと思って写真だけでも・・・


どうか会場まで気をつけてお越し下さい。

皆様にとって、春の良き出会いとなりますように・・・

楽しみにお待ちしてます。


by hana
by kaimerk | 2010-04-09 20:05 | マクロビ 料理教室
♪ 甘い野菜のスープ
e0188266_1303762.jpg

マクロビオティックでは定番の、お手当てスープ。

玉ねぎ・キャベツ・かぼちゃ・人参を水から煮出して、

具材は食さず、煮汁のみを頂く。

↑具を頂かないのは、繊維質の物は良くも悪くも吸収を妨げるから。

煮汁を吸収させたいので、具は食さない。


血糖値を安定させたり、内臓脂肪を溶かしたり、

日常甘いものがやめれない方に、処方したりします。

甘い野菜が足りてなくて、甘いものが欲しくなったりしている人には有効です。

逆に低血糖症の方にも、穏やかに血糖値を上げてくれます。


【材料】
玉ねぎ  50g
キャベツ 50g
かぼちゃ 50g
人参   50g
水    1L

【作り方】
①みじん切りした野菜を、玉ねぎ→キャベツ→かぼちゃ→人参の順で鍋に重ねる。
②①に水を静かに注ぐ。
③中火にかけ、沸騰したら弱火で約30分煮出す。
④細かめのザルでこす。


e0188266_13174714.jpg
~処方箋として飲む場合~

日持ちは、冷蔵庫で3日。
飲む時は、常温か少し温めて。

一日200ccを
約2週間くらい、
午後の2時~4時ぐらいの時間帯に飲むのが有効。





hanaは、このスープが病を治してくれると思って毎日々飲んでました。

それは、大きな間違いでした。。。

今は、飲みたくなったら作ってます。


ほんのり甘くて、hanaは美味しく感じでます。

贅沢に、ブイヨンとして使う日もあります。


4月20日の教室では、塩の実験を予定してます。

このスープを使って、塩の違いを感じてもらう試飲を計画中。


皆さんの心が、ほんの少し穏やかになりますように・・・


by hana
by kaimerk | 2010-04-06 13:32 | マクロビ 他 お料理レシピ