h a n a ~穀菜料理教室~
hanaburo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
♪ 奈良オーガニックマーケット
e0188266_13112193.jpg

先月より開催されている『奈良オーガニックマーケット』

12月は仕事で行けなかったので、今回は楽しみにしていました♪

朝の冷え込みはキツかったですが、ご覧の気持ちの良い青空。

いざ会場に行くと活気があり、とても楽しめました。



初めて見るお店も勿論ありましたが、

知ってるお店も、けっこうありました。

嬉しかったのは、久しぶりの再会があった事。

やはり、言わなくても繋がってるんだ~と思った一日でした。


人気が目に付いたのは、パン屋さん。

数が少ない事もあり、早~くに売り切れてました。

hanaもしっかり、購入(^_^)v


出展者さん、

寒い中、早くからの準備をありがとうございました♪

お店やマーケットが、

今後も発展しますように・・・


詳しい情報は 奈良オーガニックマーケット事務局 まで。


by hana
by kaimerk | 2011-01-31 20:10 | マクロビ 他 お店情報
♪ 美味しい贈り物
e0188266_8323325.jpg
hanaの職場に嬉しい贈り物がありました♪

上田ファームの上田さんより、

この時期、ご縁のある方にのみ販売されているイチゴ。

かなり希少価値の高いイチゴだそうです。

大きいのに、その甘さは半端じゃなく美味しかった。


2年少し前、

初めて料理教室を開催した時、

季節の葉野菜をお世話して頂いたのも上田ファームさんでした。

HPはこちら


一番の自慢は『e~とまと』だそうです。

有名イタリア料理店で使われているんだとか。


e0188266_8421694.jpg
そして、もう一つ。
「あやめ雪」という小カブ。
上の部分が紫色で、とてもキレイ。
無農薬で、これまた甘~い!!
目でも舌でも楽しめる野菜。



上田さん、愛情たっぷりの野菜・果物を有難うございました。

ちゃんとお腹に納めさせて頂きました(^^)

まだまだ寒いです。

お体大切に、かわいい野菜達を育てて下さいね♪


by hana
by kaimerk | 2011-01-30 08:50 | マクロビ 他 お店情報
♪ 五臓の養生【脾】 ~続編~
前記事のつづき・・・理論編です。


~ 脾の働き ~

『脾』って、今までも色々学んできましたが、

少し認識が変わりました。


脾は消化を統括しているシステムです。

膵臓・胃・小腸・肝臓の消化に携わる働きは、全て脾が統括しているのだとか。

そんな『脾』の主な働きは・・・


【1】運化を主る

食べた物を消化して、必要な形に変化させて全身に届ける機能の事を『運化』といいます。

『運化』には食べ物の消化・吸収作用である「水穀の運化」と、

水穀の運化で余ったものを、汗や尿で排泄させる「水湿の運化」に別れます。



【2】昇清を主る

食べた物の栄養物質を清めて、脾の気で心・肺・頭部に上げる働きを『昇清』といいます。

脾は『昇清』で、心・肺・頭部を養い、

胃は『降濁』で、腎に濁ったものを降ろします。



【3】統血を主る

統血とは、血液が血管外に溢れ出すのを防ぐ働き。

この機能が低下すると、打ち身のアザが出来やすかったり、

出血しやすい状態になるそうです。




『脾』は内臓の中心で、一番大切な働きをしていて、

体調不良や病の元になっている事が多いです。


四肢(手足)を主る臓器なので、

『脾』を正常に動かすには、

手足を動かして下さいね。

しっかりと、毎日。


今の時代は胃腸の弱い大人だけでなく、

お子様も多いとか・・・

小学生ぐらいの時に、しっかり運動すると、

胃腸も強くなるのだとか。


そして、胃腸を労わるには『少食』が基本です。

薬膳研究会で作った「おかゆ」がとっても美味しく感じたhanaです。・・・反省。


皆さんも、たまには労わってあげて下さい。

胃腸さん、ありがとう♪


by hana
by kaimerk | 2011-01-29 06:39 | 薬膳研究会
♪ マクロビオテイック薬膳研究会(五臓の養生【脾】)
マクロビ薬膳研究会の『五臓の養生コース』の第三回。

今回のテーマは【脾】


『脾』って、今までの認識では膵臓や胃を統括する働きだと思ってましたが・・・

膵臓・肝臓・小腸・胃などの消化器官を統括する働きだそうです。

西洋医学の臓器に置き換えるには無理があるそうです。


日本人に圧倒的に多い「脾虚」体質。

そんな『脾』を補う料理を学んできました。


お料理のテーマは・・・

◆湿を払う →脾は湿に弱いから。

◆消食(食べすぎ解消)する →食べ過ぎて消化できていないものを排泄させる。

◆清熱(内臓熱を冷ます)する →食べすぎなどで胃熱が出てるので、熱を取り除く。


e0188266_1725420.jpg【キノコのべっ甲餡はと麦粥】
湿払いのハト麦を使ったお粥に、
旨みをしっかり引き出したキノコ餡をかけました。
キノコは脾を養う食材です。
この餡はパスタにも合うそうです♪


e0188266_17312760.jpg【小豆・蓮根・トウモロコシバーグ】
蓮根のすりおろしに、
余った小豆昆布とトウモロコシを加えたハンバーグ。
小豆・トウモロコシは湿払い食材です。
もっちりと美味しいハンバーグでした。


e0188266_17372272.jpg【清熱通便野菜の白和え】
こんにゃく・かぶ・水菜・スプラウトの白和え。
和え衣は下に敷いてます。
↑このお料理の食材は全て清熱通便の食材です。
タイトルに便って・・・
と話題になりました。


e0188266_17415627.jpg
【養老豆腐】
まさしく養老メニュー。
滋養たっぷりの長芋を葛で練り上げてます。
醤油に乾姜という生姜パウダーを溶かして、
少しかけて頂きました。
乾姜は、胃を動かしてくれる食材です。



今回は『脾』を養うので、4品。

何と言っても食べすぎが消化器官に負担をかけるので。

食べすぎ=気疲れ

だそうです。。。なるほど。


癒された時間となりました。


理論編は、又後日更新しますね。

皆さんも、胃腸を癒してあげて下さいね♪


by hana
by kaimerk | 2011-01-26 20:13 | 薬膳研究会
♪ 冬のマクロビ料理教室 ~終了・前編~
e0188266_1513247.jpg

寒さが、ほんの少し和らいだように思えた昨日。

冬の料理教室の1回目を迎えました。

参加下さった皆様、ありがとうございました。


今回は日曜開催という事もあり、

いつものメンバーの他に、男性の方・とても若い方など、

色々な層の方が参加下さった会となりました。

男性の方や若い方が、こういう食に興味をもって下さることは非常に嬉しい事です。

そう。未来の子供達の為にも。


冬はやはり、何と言っても『温める』がテーマとなります。

しっかりと火を入れた調理を心がけていきたいところです。


大寒が過ぎたので、暦の上では春に向かうようになります。

季節の陰の気に負けない、

健やかな毎日を送って頂きたく思います。


幸せな時間を、

ありがとうございました♪



by hana
by kaimerk | 2011-01-24 20:11 | マクロビ 料理教室
♪ 冬のマクロビ料理教室 ~まもなく編~
e0188266_10472833.jpg

冬のマクロビ料理教室の開催が近づいて参りました。

メニューが確定致しましたので、お知らせ致します。

・ゴボウとさつま芋のおこわ
・蓮根ともち粟の揚げ団子
・アラメと野菜のゴマ味噌豆腐和え
・ゆりねのポタージュ
・生チョコ風バナナケーキ(写真)



デザートはバレンタイン使用になってます♪

参加下さる皆様、温かくして会場までお越し下さい。

楽しみにお待ちしています。


冬の寒さと仲良く過ごせますように・・・



by hana
by kaimerk | 2011-01-20 19:42 | マクロビ 料理教室
♪ マクロビオティック薬膳研究会(季節の養生④)
マクロビオテイック薬膳研究会の季節の養生コースの4回目。

今回のテーマは・・・

<血液浄化>

いわゆるデトックスですね。


東洋医学では、

『血液・津液(唾液・胃液・リンパ液などの体液)』を動かしてくれるのが『気』で、

『気』を動かしてくれるのが『熱』と言われています。

『気』は何となくわかるかと思いますが、『熱』ってわかりますか?

これは、全身の筋肉の収縮などから生まれる熱量、いわゆる代謝でもあります。


なので食べた物をちゃんとエネルギーとして使うには、

『気』と『熱』を体に巡らせる必要があります。

だから、運動が必要なんです。

運動は『熱』を作ってくれるので。


そして『気』と『熱』の巡りを邪魔する代表が・・・

・瘀血(おけつ) → 汚れた血液・固まり。ドロドロの流れの悪い血は「血瘀(けつお)」というそうです。
           
・湿 → 津液が過剰になったり、流れが悪くなること。
      だるい・眠い・めんどくさい・梅雨時期の体調悪化は、これにあたるとか。

・痰(たん) → 湿より粘性が高い動きの悪い物質。
          体中の気血津液の流れを邪魔します。


前置きが長くなりました。

テーマに沿った注意点は↓

◆瘀血除去食材&温性&辛味が必要。

◆終わりが詰まれば浄化作用は滞るため、必ず利尿&通便食材を意識する。


e0188266_11395672.jpg【炒り黒豆・青梗菜・ゴマ・橘皮のご飯】
瘀血除去食材の黒豆・油脂を流す青梗菜・
気の巡りを良くする橘皮をあしらったご飯。
炒った黒豆が香ばしく、
教室でも好評でした。


e0188266_1145361.jpg【里芋とアサリの炊き合わせ 春菊磯辺巻き】
痰(たん)取り食材のアサリと春菊を使った一品。
辛味の唐辛子を少し加えて、
アサリの旨みがしみ込んだ里芋に。


e0188266_11515491.jpg【小豆こんぶ】
利尿の為の一品。
小豆のアクを出さないように、
くつくつ炊くのがポイントのようです。
小豆の甘さがしっかり出てて、
美味しかったです。


e0188266_11545262.jpg【しぐれ牛蒡】
お肉大好きな方にもウケる一品だとか。
牛蒡を甘辛く、生姜やニンニクと炊き合わせてます。
腸のお掃除メニュー。


e0188266_120810.jpg【蓮根・人参・三つ葉のピーナッツ和え】
血を作る一品。
甘味の蓮根・ピーナッツペースト。
温性・辛味の三つ葉や人参、。
そして酸味の酢。
全て揃って造血効果があります。



かなりボリュームある献立でした。

いつも試食の後は大満足の気分になれる教室です。

今日は薬膳食材を一つご紹介。

e0188266_12182747.jpg
【橘皮(きっぴ)】
ミカンの皮を乾燥させたもの。
気の巡りを良くして消化を助けてくれます。
写真上の左が今年の秋もの(先生作)。
写真上の右が昨年の秋もの(先生作)。
写真下が漢方薬局のもの。
古いほど、効能アップするといわれているそうです。



皆さんも、美味しくデトックスできますように~♪


by hana
by kaimerk | 2011-01-19 06:34 | 薬膳研究会
♪ 小豆茶
e0188266_11474527.jpg

【材料】
・小豆   1カップ
・昆布   6センチ
・水     5カップ

【作り方】
①小豆と3センチ角に切った昆布を鍋に入れ、水を注ぐ。
②中火にかけ、沸騰したら弱火で約40分煮る。
③小豆をザルなどでこして、煮汁のみを飲用する。



寒さが厳しくなると、「むくみ」が出やすくなります。

体の水を主ってる『腎』が寒さに弱い事、体内を流れる水が冷える事などもあって・・・

それに、冬はコタツに入って動かない人が多かったり・・・


鏡に向って「あっかんべー」と舌を出してみる。

もし、舌の両サイドに歯型がついていたら、

内臓がむくんでいます。

舌は内臓と表裏の関係にあり、

舌診は有名な診断の一つ。

今の自分の体調を診るには、一番わかりやすいかも。


「むくみ」に有効なお茶が『小豆茶』。

小豆の煮汁ですね。


小豆には、排便を促す食物繊維、

利尿を促すサポニン、そしてカリウムが含まれます。


だから、豆ごと食べると排便効果、

煮汁のみだと利尿効果があります。


何よりhanaが注目してるのは、小豆のカリウム。

体の細胞や体液に含まれる成分のバランスで大切なのが、

ナトリウム(塩)とカリウムの関係。

これが陽と陰。


甘い物が止められない原因の一つに、体内のナトリウム過多の人が多いように思う。

もう少し簡単に言うと、塩からい物の取りすぎや、味付けの濃い食事の方が多い。

塩の取りすぎは、異常に食欲を増進させたり、

精白食品(パン・パスタ)・甘い物への欲求を増進させます。


体内のナトリウムが減らない限り、この欲求はずっと続きます。

そこで、不必要なナトリウムを排泄してくれるのがカリウムです。


一般的にカリウムは、パセリ・ヨモギといった濃い緑の野菜に多く含まれていたり、

バナナなどの熱帯フルーツに含まれています。


小豆の優れているのは、

通常、火を通すと成分が破壊されるカリウムが、

小豆の場合茹でてもかなり残っているという事。

割合で換算すると、バナナ以上だそうです。

e0188266_12284150.jpg


写真の右のように、小豆を焙煎して粉末にした「ヤンノー」なども売ってますが、

山村先生曰く、小豆茶の方が結果が出るようです。


やはり、何でもそうだと思うのですが、

生きたものを使う方が、効果が違ってくるのだと思います。



皆さんが快適な冬生活が送れますように・・・



by hana
by kaimerk | 2011-01-15 20:47 | マクロビ 他 お料理レシピ
♪ 山村塾 大阪(中級) 1月講座
昨日の山村塾・・・

前立腺ガン・子宮筋腫・肺ガン・メラノーマ・夫婦共依存・不妊症といった方の写真望診。

最初の頃の写真より、かなりハードルが上がったように思います。


病気になってる臓器以外にも、色々な箇所に信号が出ていて、

どこから治していくのが良いか?

同じ病でも、出てる信号が違うので、

食箋の組み立てが違ってきたり。


やはり、本に載ってる通りにいかないのが望診。

改めて奥深さを感じた日でもありました。


医療に携わる仕事をしてる訳ではないので、

実際、病の事を聞いてもピンとこないんですよね。

その病がどういうものなのか。。。


それで今回は、こんな本を買いました。

e0188266_23573882.jpg

名古屋の山村塾に通ってるあおむしさんが以前記事にされていた本。

届いて見てみると、臓器の位置や細かな名称。

臓器の働きや関連病気の説明。

カラーイラスト付で、わかりやすいです。



そして昨日盛り上がった話。

hanaがみた初夢。

おっ〇いが腐る夢だったんです・・・

それを、講座前の先生との雑談で話したら、

「夢を見るのは良い事だけど、腐るのは生殖器に問題が出てるよ。」

と言われてしまいました。

そして、結構真剣に生姜湿布を勧められたhana。

楽しい夢をよくみるタイプだけに、今回は結構ショックでした。

でも、そんな話で教室が笑いに包まれたので、良かったかなぁ~って思ってます(笑)


皆さん、楽しい夢をみてくださ~い♪


by hana
by kaimerk | 2011-01-11 00:19 | 山村塾(望診法)
♪ 今年の目標
2011年の学び初めは、明日の山村塾です。

1月・2月は写真を診て個人で望診を発表します。

昨年11月より、実際に食箋を立てるようになり、

グッと学びが深まりました。

実践し始めると、あれやこれやと疑問が出てくるものです。

明日も楽しい学びでありますように♪


さて、2011年に入り10日がたちました。

お正月気分も抜けたでしょうか?


hanaは毎年、友達と抱負を語りあったりするのですが・・・

今年の目標。


◇自分のための料理をする時間を増やす

◇定期的に運動をする



自分のための料理・・・ある意味一番贅沢ですが、

料理の時間を増やすのは、hanaにとって幸せな時間を増やす事。

昨年は、何かとバタバタと作ってましたが、

今年はもう少し穏やかに日々の料理に心を込めたいと思います。


そして運動。

どこに時間を作ろうか悩んでますが、

食べない・動かないはダメです。

気を作るには、やはり運動が大切だと実感しました。

ハードなのは無理だけど、

昨年よりは定期的に時間を作るつもりです。

ブログに宣言したからには、やはりやる気が違います(笑)

お会いできたら、是非尋ねてみて下さいね(^.^)/~~~


皆さんも、目標や抱負はありますか?



by hana
by kaimerk | 2011-01-08 21:24 | その他