h a n a ~穀菜料理教室~
hanaburo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧
♪ 春のマクロビ料理教室 ~終了編~
e0188266_225038.jpg
3月27日(日)と29日(火)の両日、

春のマクロビ教室を無事に開催する事ができました。


まず、開催できた事に心より感謝しています。


3月11日の震災以来、放心状態な心。

でも時間は止まる事無く、次の朝が来ます。



朝が来て目が覚める・・・生きている証拠です。

今を生きている・・・それが全てです。


ってスピリチュアル系のブログのようですが、

本当に思いました。


多分、今回の地震の映像を見て、

本当に多くの方が『何でもない日常が幸せ。』

と・・・感じたのでは?


その気持ちを忘れずに、

毎日を大切に重ねていきたいです。


人間って都合よく忘れる生き物だと思うので・・・



今回の教室。

ちょっとエコで、ちょっと豪華な教室となりました。

不参加でも募金に協力下さった方。

野菜を差し入れて下さった方。

食材を提供下さった方。

お腹いっぱい食べて下さった方。

皆さん、ありがとうございます。


e0188266_23104583.jpg【厚揚げと野菜のハンバーグ】
厚揚げ・トウモロコシ・玉ねぎ・キャベツ
でハンバーグ。
子供も好きそうな味に仕上がりました♪
野菜は玉ねぎ以外は、季節の物でOK。


e0188266_23151862.jpg【切干大根の中華風サラダ】
梅酢で戻した切干・もやし・きゅうり・人参・きくらげ、
を使った中華風サラダ。
人気の一品でした。
hanaのヘビーローテーション。
参加者さんからも、同じ声が(笑)


e0188266_23205921.jpg【キャベツとホタテのスープ】
これも人気でした。
春キャベツ・ホタテを使った甘~いスープ。
元気が出ます。


e0188266_23244475.jpg【麦々玄米ご飯】
ハト麦・丸麦・押麦をブレンドしたご飯。
解毒・排便メニュー。
茶碗へのよそい方に感動してた方が・・・(笑)
料理は愛情です。


e0188266_23232632.jpg【苺の美肌ムース】
苺ヨーグルトに似たデザート。
女性には嬉しい、美肌効果。
苺が安くなってきたので、是非♪
29日は、しっかり固まりました(笑)


e0188266_23325992.jpg
【29日の参加者さん】
満員御礼。
火曜クラスは、長い方だと3年目。
ほんと、いつもありがとうございます。




今朝、早速皆さんから頂いた参加費を「日本赤十字社」に募金してきました。

少しですが、お役に立てる事を祈って。

そして、今後も何か続けていけたらいいなぁ~と思っています。



ほんの少しでも、被災地に笑顔が戻る事を願いつつ・・・



by hana
by kaimerk | 2011-03-30 23:40 | マクロビ 料理教室
♪ 春のマクロビ教室 ~まもなく編~
『被災地にエールを・・・』

e0188266_23103089.jpg


春のマクロビ料理教室の開催が間近となりました。

メニューが確定致しましたので、お知らせ致します。

・麦々玄米ご飯
・厚揚げと野菜のハンバーグ(写真右)
・切干大根の中華風サラダ
・キャベツとホタテのスープ
・苺の美肌ムース(写真左)



今回は皆様の協力で、多くの方の参加と支援を頂きました。

無事に開催できる事に感謝しています。


参加は出来なくても、義援金の協力をして下さった方。

食材だけでも・・・と大切な食材を提供下さった方。

お金や物でなく、お手伝いを申し出て下さった方。

色んな形で、色んな方から協力頂きました。


本当にありがとうございます。

少しでも復興に繋がれば・・・嬉しく思います。


参加者様、

会場まで気をつけてお越し下さい。




by hana
by kaimerk | 2011-03-23 23:27 | マクロビ 料理教室
♪ 五臓の養生コース ~復習編~
少しづつ・・・被災地の方が笑顔になれますように・・・


マクロビオティック薬膳研究会の五臓のコースが終了しました。

このコースでは、五臓の働きは勿論、

各臓器の持つ『気』について多くを学びました。

これは後日、hanaなりにまとめるつもりでいますが・・・


このコースの記事を一覧にしてリンクしてみます。
疲れない程度にお読み下さい(笑)

・五臓の養生(腎)料理編
・五臓の養生(腎)理論編

・五臓の養生(肝)料理編
・五臓の養生(肝)理論編

・五臓の養生(脾)料理編
・五臓の養生(脾)理論編

・五臓の養生(肺)料理編
・五臓の養生(肺)理論編

・五臓の養生(心)料理編
・五臓の養生(心)理論編


5つの感情のバランスが取れますように・・・



by hana
by kaimerk | 2011-03-22 00:31 | 薬膳研究会
♪ 五臓の養生【心】 ~続編~
被災地の方々が少しでも元気が取り戻せますように・・・



前記事の続編。


~ 心について ~

【1】血脈を主る

血脈=血液が運行する経路

血液を動かし、身体の各部に栄養を与えます。

この働きは心気によるものだそうです。


【2】紳志を主る

神=精神活動の総称

心が精神活動を主り、精神活動は血液循環に影響を与える。



といった点から、

例えば・・・


どうしよう?

心臓バクバク

血液巡らず

手足冷たくなる


といった様に、

血液の流れ・精神面を主っている心。


この『心』の働きを正常化させるには、

①心気の充実

 = 宗気(水穀の精微+天空の気)の充実が必須。

 ゆえに、深呼吸で心拍数が充実します。

②血・津液の量

 これは脾と腎で作られています。

 だから、心を養うには脾と腎の養生も必須。


負担がかかるのは、夏の暑さや過度の運動、そして動物性食品。

わかりますよね?


だから、暑い夏はピーマン・ゴーヤのような苦い野菜がたくさん育ちます。

心のオーバーヒートを抑制してくれる苦味野菜。

種類が少ないので、貴重です。


これから、春→夏を迎えます。

是非快適な夏でありますように(笑)



by hana

 
by kaimerk | 2011-03-22 00:09 | 薬膳研究会
♪ マクロビオティック薬膳研究会(五臓の養生【心】)
被災地にエールが届きますように・・・



マクロビ薬膳研究会の『五臓の養生コース』の第五回。

今回のテーマは【心】


君主(王様)と言われている心。

脳とも直結しています。


心を悪くするには、瘀血・痰を作る事。

なので、瘀血・痰を作らなように心がけるのが一番だそうです。

ちなみに、瘀血・痰を作るには・・・

・動物性・油脂・乳製品・甘い物をたくさん摂る。

・冷やす

・感情の乱れ

・睡眠不足・慢性疲労

だそうです。


そんな『心』の養生食。

e0188266_2351435.jpg【蓮の実と梅ごはん】
心の気の漏れを防ぎます。
五分搗き米に漏れを防ぐ蓮子(れんし)と梅干を
加えて炊いたご飯。
この日のhanaにはぴったりでした。


e0188266_23581482.jpg【チンゲン菜とマッシュルームのアーモンド和え】
瘀血取りの一品。
瘀血取りに効果的なチンゲン菜・マッシュルームに、
同じく瘀血取りの黒酢で味付け。
気を巡らすアーモンド・生姜を加えて。


e0188266_062629.jpg【長ヒジキと金針菜の炒め物】
貧血改善・予防食。
造血効果のある金針菜を使った、ご飯のお供。
潤い効果のある湯葉・小松菜をあわせるので、
重過ぎないヒジキの煮物。


e0188266_0132494.jpg【牡蠣と豆腐の蕪蒸し】
心熱を取りつつ腎陰を養生する一品。
これ、めちゃ元気になれます。
カブの下には、牡蠣・エノキ・豆腐・百合根
など具沢山♪


e0188266_024628.jpg【豆乳生姜プリン】
心に活力を与えて巡らせてくれます。
研究会では唯一、卵を使った品。
生姜味のプリン・・・
想像より美味しかった(笑)




今回も、どれも美味しかったhana。

五臓の養生コースだから5回で終ってしまうのですが・・・

ず~っとやって頂きたい!

と思う料理が多かった。


『心』の理論編、

次の記事に記しますね。


今日の無事に感謝して・・・



by hana
by kaimerk | 2011-03-21 00:39 | 薬膳研究会
♪ 春のマクロビ料理教室について
春の教室の開催を少し考えていました。

と言うのも・・・


今回被害の大きかった東北地方。

日本人にとって大切な、お米や雑穀の生産地。


hana穀菜教室でも、いつも使わせて頂いていました。

そして、いつも野菜や調味料を配送して下さっている「ぐるっぺ」さんと連絡が取れない状態。


日本列島の雰囲気から、

開催して良いのかな?

と考えていました。


今自分にできる事。

被災地に行く事もできない自分。


結局できるのは、

採れた食材を美味しく調理する事。


なので、今回。

「春のマクロビ料理教室」で頂いた参加費は全額、

東日本大震災の義援金として募金をしたいと思います。


いつも参加者さんの人数は、

あまり多いと気が回らないので、

募集を締め切っていました。

今回はできるだけ募金をしたので、

多くの方の参加を呼びかけたく思います。


マクロビオテイックに興味が薄い方でも、

ランチ気分で参加頂けたら有り難いです。



そして、メニューに雑穀をたくさん考えていましたが、

少し考え直したいと思っています。

お米・雑穀がしばらく入手しずらくなる事も考えて・・・


勿論、復興されれば買う事で応援したいですが、

しばらくは、ある物で対応していきたく思っています。


ご協力、宜しくお願い致します。




by hana
by kaimerk | 2011-03-16 20:00 | マクロビ 料理教室
♪ 地震
大好きな日本に起きた大地震。

被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

余震が続く中、救援活動に参加されている方々に深く感謝致します。



普通に朝にめが覚めること・・・

普通に水が飲めること・・・

温かいお風呂に入れること・・・


当たり前のようで、当たり前でない。

ですね。



何でもない日々・・・感謝の気持ちが強くなりました。

やはり、人は生かされていると思います。


明日は何があるか、わかりませんが、

精一杯生きたいと思います。




今の自分にできる事を重ねたいです。

地震があったからではなく、

『もの』や『資源』は大切に使いたい。



書きたい記事は有りますが、書ける気持ちになってから綴りますね。



被災された地域や日本そして地球が、

少しでも穏やかな日々に近づきますように・・・




by hana
by kaimerk | 2011-03-14 20:27 | その他
♪ マクロビオテイック薬膳研究会(季節の養生⑥)
マクロビオテイック薬膳研究会の季節の養生コース6回目。

秋期コースでの最終回。


今日より『薬膳研究会』のカテゴリーを追記しました。

マクロビオティック薬膳研究会の記事をまとめています。



「季節の養生コース(秋季」は、季節とシンクロする体作りを目的とした基礎コース。

秋季コースなので、主に秋~冬~春の変化の中で、どうバランスを取っていくかを学びます。


過去の関連記事は ↓
・季節の養生①
・季節の養生②
・季節の養生③
・季節の養生④
・季節の養生⑤


今月は、冬→春への養生がテーマ。

<冬に老廃物を溜めた方(花粉症・鼻炎・高血圧・メニエール)>

◆利尿・通便食材を摂る。

◆痰・瘀血除去食材を摂る。

<冬に蓄え不足の方(貧血・めまい・体の浮揚感)>

◆腎の養生食&気を作る食材をと摂る。


e0188266_2143678.jpg【長芋と干し貝柱の炊き込みご飯】
腎の養生食。
五分搗き米に補腎の貝柱・長芋と、
甘味の人参・油揚げを加えて炊き、
気を作る三つ葉・梅干をあしらったご飯。
いつも通り、美味しいご飯。


e0188266_21103859.jpg【かぶら宝蒸し】
通便効果&精神安定効果のある料理。
具は、気を下げる百合根と、
血液浄化の黒木耳、造血の人参、
利尿の焼き海苔。

百合根は、怒りやすい方や
気が上がりやすい方にお薦めの食材です。


e0188266_21181588.jpg【三種きんぴら】
内臓を養い、造血食。
ゴボウ・レンコン・人参を全て
ササガキにして作りました。
仕上げに生姜汁を効かせた一品。


e0188266_21241163.jpg【小松菜と銀耳の白和え】
体液補充・潤い効果。
植物性コラーゲンの銀耳(白きくらげ)を
たっぷり使った白和え。
この日のhanaは、これが一番でした。


e0188266_21331216.jpg【よもぎリブレ生麩風】
デザートだけど、滋養食。
冷え・元気の無い方にお薦め。
生麩をもっともっちりさせた食感。
ヨモギ&黒蜜に、クルミの苦味が効いた一皿。
めちゃ美味でした。




最終回の講義とあって、

各季節ごとの 食材組み合わせ上の心得などを、

おさらいしながら、まとめて頂きました。


季節の養生クラスを受講して、

人の体って季節のエネルギーとしっかり結びつきがるんだなぁ~と、

改めて自然界に生かされている事を実感した内容でした。


薬膳の組み合わせ方も、

最初は??でしたが、

毎回お話しを聞いていると、

少しづつ理解が深まりました。

薬膳の取り入れ方に触れる事ができて、良かったです。


先生・スタッフの方々、

ありがとうございました。


そして半年間ご一緒下さった皆さん、

ありがとうございました♪

とても楽しい時間となりました。

又のご縁を心待ちに・・・



by hana
by kaimerk | 2011-03-09 20:31 | 薬膳研究会
♪ 醗酵薬膳『らふぁえろ』
e0188266_23254078.jpg
前回紹介したのは一年少し前。

今回は、又新たな発見がありました。

『らふぁえろ』さんのブログはこちら


前記事でタンパク質の事を書き、

前々記事で醗酵食品の事を書き、

先日 ははのて さんと「卵を使ったお菓子ってやっぱり美味しい。」と話題になり、

ちょっとマイブームの醗酵料理&タンパク質。

今回、 M's Heart のM子さんとコラボ企画の事を話したく行って参りました。



前回伺った時より、料理方法が進化。

『らふぁえろ』さんは、何といっても醗酵卵が名物。

一般的に卵は、

アレルギーのお子様が多かったり、

コレステロールを気にして避けられたりしますが、

この醗酵卵は全く別物。


独自の糠床で醗酵させた卵は、

タンパク質がアミノ酸レベルまで分解されていて、

体に負担をかけるどころか、

スムーズに栄養を行き渡らせ、

醗酵によって作られた善玉菌が更に消化を促進してくれます。


そして、最近販売が始まった「はるちゃん卵石鹸」(写真右下)。

店主曰く「何十年と洗顔剤を変えたいと思わなかったけど、この石鹸は別格。」

というので、思わず買ってしまったhana。


hanaも結構こだわり化粧品があるのですが、

タイミングも良いので早速帰って試してみました。


卵のアミノ酸効果でしょうか、

お肌がとっても活性された感じ。

これは良いかも~。

しばらく使ってみたいと思います。

白身・黄身と分かれているのが可愛い(笑)


そして何より・・・

店主の元気な所やお肌のツルツル感は全く変わっていなくて、

やはり「美は内から」と改めて感じた今日でした。



貴重な卵に、美味しいお料理、

楽しい時間を、ありがとうございました♪




by hana
by kaimerk | 2011-03-07 00:19 | マクロビ 他 お店情報
♪ タンパク質問題
3月に入りましたね。

ご近所では梅の花が咲いています。

まだ寒い中、可愛くキレイな花を見ると癒されます。



ずっと書きたかった『タンパク質問題』。

こういう内容をブログの記事にするのは、

正直けっこう勇気が必要。



料理教室や職場で、

食事の相談をさせて頂く事が増えました。


相談に来られる方は、

何かしらの不調があっての事。


摂りすぎた物・・・

砂糖・お酒・油・肉・卵・チーズ・豆製品 他。



この摂りすぎに関して、

「今までに、何グラム摂りすぎてます。」

という数字が出せるものではなくて、

その方にとって多すぎたんです。


お酒をオチョコ一杯でも、顔が真っ赤になる方もいれば、

一升近く飲んでも、結構大丈夫な方もいます。

だから、人によって適量は違います。



それで・・・

摂りすぎた物をお伝えします。

解毒野菜なども添えて。

時には、大豆製品を制限させて頂く事も。


結果、

肉・魚・大豆製品をしばらくお休みして頂く事になったりします。



すると、必ず返ってくる言葉。

「この食事で、タンパク質は大丈夫ですか?」

「病院では体力付けなきゃいけないから、肉をしっかり摂るように言われます。」

「栄養失調になりませんか?」



まぁ、無理もないかも・・・ですが。

確か栄養学的には成人の一日のタンパク質の必要量は50g~60g。

穀物菜食だと、それには及ばないタンパク質になります。



でも、不調になったのは、

基本的に摂りすぎたから・・・です。

溜まっている物を出す事が優先。

そして、栄養学的に足りなくても、

その方の体には十分な事も多いです。

逆に、運動される方などは、

栄養学的以上に必要な方もいるかも?



よく思うのは、

「ちょっと摂りすぎて来られましたね・・・控えましょう。」

と言うと、

「足りなくないですか?」

と数字にこだわるのに、

摂りすぎる事は、全く気にされてない。

数字にこだわるなら、摂りすぎも気にしてみては?

と思ったりした。


数字にこだわる必要は無いと思う。

体に聞いてみてもらいたい。



そして、解毒野菜を摂るよりも、

不調の原因となってる物を入れない方が、早く改善されます。




で、

何からタンパク質を?

基本は「お米」からです。



いつも、驚かれてしまいます。

日本の歴史あるお坊さんの「精進料理」を想像して下さい。


玄米
和え物
煮物
漬物
汁物


それに付け加えられたご馳走が、

ゴマ豆腐



絵は想像できますか?

ゴマ豆腐の椀は、決して大きくなく小さいもの。

この精進料理で、人は絶対に生きていけます。


ただ、もう少しお肉やお魚があったら幸せですね♪


2月の山村塾で、

山村先生の口から聞いてみたかった事の一つでした。



山村先生が優しく言った、

「なくても大丈夫。でも、少しあったら幸せですね。」

がとても印象的でした。



皆さんの、心と身体のバランスが摂れますように・・・



by hana
by kaimerk | 2011-03-03 20:29 | 健康ネタ