h a n a ~穀菜料理教室~
hanaburo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
♪ 山村塾 大阪 4月講座
初夏のような陽気に包まれた今日。

山村塾の4月講座が開催されました。

今日よりhanaは中級講座です。

会場に着くと、凄い熱気。初級の受講者さんの熱心さが感じられました。


昨年の冬くらいから、このブログで山村塾の事を記事にしてるのですが、

毎回どこまで書こうか悩んで、結局講座の内容は殆ど書かず・・・

山村先生からの、心に残ったお言葉をよく書いてました。

今年度は少し、講座の内容を書きたいなぁと。


マクロビオティックも東洋医学も中医学も、とても奥の深いもの。

hanaなんかの知識・教養で記事にするには・・・正直不安です。


間違った事を書いてたらどうしよう?

こうゆう理解で大丈夫かなぁ?

とか・・・


でも、やはり記事にする事で、学んだ事を頭と心で整理する事ができるんです。

そして書く事で、頭と心に入ってくる。

読んで頂いてる方には申し訳ないですが、hanaの方が勉強ですね~。

e0188266_2012111.jpg

第1回は「陰陽五行説」と「中医学の人体観」の2つが大きなテーマでした。


【陰陽五行説】・・・ 中医学の中で最も基本となるもの。陰陽説と五行説が合わさって出来ている。

まずは、山村先生から陰陽の事でお話しがありました。

陰陽説・・・

中国古代哲学だそうです。

中医学の陰陽は、マクロビオティックの陰陽と少し違っています。

これは、見る角度を変えると、陰陽が違ってくる事がある・・・と。

昨年、本を読んで陰陽が違う・・・なんで?って思ってたけど、先生のお話しを聞くと納得。


五行説・・・

をこすれば火が生まれ、が燃え尽きると土となり、の中には金脈があり、
脈の中には水が生じ、は木を育てる。

自然界で繰り返される動きを、人の臓器などに当てたもの。

お互いに補い合って循環している動きを「相生」。

お互いに剋して循環している動きを「相剋」。

↑(写真)この表は昨年から毎回、講義に登場してます


【中医学の人体観】

気・血・精・津液(しんえき)・・・生命を維持する基本的な物質。

ここで「津液」って何?

「津液」とは唾液・胃液・腸液・尿・汗などの事だそうです。


気の流れは、血や津液の流れを支配していると言っても過言でないようです。

又気の大切さを実感しました。

五臓六腑のお話し、そして五臓のどこで気血精津液が作られ・配られているか・・・

そういったお話し。そして中医学用語などを学びました。


本を見てると麻酔薬のように眠くなりますが、

面白くお話しして頂けると、目が冴えます。

今日の大阪講座では、朝~初級・午後~中級・夕方~上級だった山村先生。

オヤジギャグを言ってる暇は無い・・・との事。

ん~聞きたかったなぁ~。

なんかオヤジギャグを聞かないと、講座を受けた気がしないのはhanaだけでしょうか?


講座の後は認定書を一人づつ・・・記念撮影。

慎ちゃん先生は、アイドル以上のちょー笑顔でした(笑)


e0188266_2114654.jpg

e0188266_21142647.jpg




山村先生・怪鳥さん・受講者の皆さん、

今年度も、どうか宜しくお願い致します。

by hana
by kaimerk | 2010-04-11 21:21 | 山村塾(望診法)