h a n a ~穀菜料理教室~
hanaburo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
♪ ナチュラル・ハイジーン
ナチュラル・ハイジーン・・・究極のセルケア理論。

聞いたことありますか?

hanaは1年少し前くらいだったかな?

玄米パンでお馴染みの 加藤農園 さんから届いた会報誌。

そこには、ずっとマクロビオティックに取り組まれていた加藤農園さんが、

新たに取り入れられた健康法として大きく紹介されていました。

その時から、何となく気になっていました。


加藤農園さんがお薦めされている著書には、

東城百合子先生の「自然療法」や大森一慧先生の「からだの自然治癒力を引き出す生き方」など、

マクロビオテイックの中でも、ずーっと受け継がれている民間伝承の著書が多いんです。

で、今回購入した本が ↓

e0188266_23445179.jpg

 『50代からの超健康革命』

  松田 麻美子著

タイトルは「50代からの~」となってますが、生活習慣病が増加中の日本では、

決して50代からの本ではないです。

ナチュラル・ハイジーンとは?を知るにはこの一冊っと薦められて購入しました。


ナチュラル・ハイジーンを一言で言うと、冒頭にも書いた『究極のセルフケア理論』です。

欧米で研究された健康理論で、マクロビオティックより、かなりスリムな理論。


空気・水・食事・運動・睡眠・日光・ストレス

といった7大要素を基本に、人間にとってふさわしい環境を述べておられます。

マクロビのように、陰陽や五行などの小難しい事は一切述べられず、とてもシンプル。

なので、読書が苦手なhanaでも、あっという間に一冊を読み終えました。


具体的には、やはり食事の事をメインに書かれていて、

使う食材や調理法は、ローフードに近いかと。

なぜ、生野菜や果物が体に良いのか?

体を冷やさない生野菜や果物の摂り方などが、わかりやすく書かれていました。


マクロビオティックをされてる方は、生野菜・果物を摂ると体が冷える・・・と思ってる方が多いですよね。

それも、バランスと摂り方が問題だと思います。

冷えるから葉野菜・果物を摂らずに、甘い物が我慢できずメープル・甜菜糖を度々使っている場合、

メープルや甜菜糖の方がよっぽど冷えると思います。

甘い物が欲しくなるのは、葉野菜や果物の不足も考えられますしね。


あと、本を読んで驚いたのが塩の量。

ナチュラル・ハイジーンでは、砂糖・油は勿論、塩の摂取量が非常に少ないレシピになってます。

これは、生野菜・果物からナトリウムを摂取できる為。

驚きでした。



どの本が良いのかを加藤農園に問い合わせた時、

対応して下さった方が、実際にナチュラル・ハイジーンを実践されている方でした。

色々な考えがありますが、

上手に生野菜や果物を摂りいれる事で体調改善されてる方が、とても多いようです。


目からウロコ・・・の健康理論でしたが、取り入れ方は無限にあるように思えました。

半断食をやる前に、3日程プチで取り入れてみましたが、

とても体調が良かったです。


型に捕らわれず、自分流のマクロビを探すにはヒントなる考え方だと思います。

機会があれば、触れてみてください♪


by hana
by kaimerk | 2010-06-07 00:20 | 健康ネタ