h a n a ~穀菜料理教室~
hanaburo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
♪ 山村塾 大阪 10月講座
10月7日~3日間、山村塾の10月講座がありました。

今月はどんなお話が聞けるのかなぁ~?

と思いながら・・・



<上級クラス>

夏の勉強会から実際にモニター(相談者)さんに来て頂いて実践していますが・・・

山村先生の言葉の選び方には、本当に勉強になります。

今回も、印象に残った言葉・・・


『運良く病気になれば』


本当にそうだと思います。

決して茶化したりして発言している訳でなく、

やはり、その立場になって初めて『気づく』ものなんです。

気づけないと、変われないものです。

だから『運良く』です。


「病気」=「不幸せ」では決してないですから。


自分次第で今すぐ幸せになれるんですよね。

モニターさんに多くの『気づき』が訪れますように・・・



<中級クラス>

食事を組み立てる上での基本的な手法の話。

補法・・・補う方法

瀉下法・・・捨てる方法

を筆頭に、薬膳の効能の種類(清熱類・理気類・消食類など)や五味(酸味・辛味など)のお話。


マクロビオティックでは、砂糖はダメというイメージが強いですが、

果たしていつ何時も、そうなんでしょうか?

全く同じ人間がいないように、

その方に合った食事の組立てを色々な角度から診ていく為に、

今回の内容は、とても大切な事だと思います。



<初級クラス>

こちらも今回は、とても大切な皮膚の望診。

ホクロ・シミ・イボなど。

内臓と関連した場所や経絡に、

体は必ず信号を出します。

一番最初は粘膜に、そして次は皮膚に現れます。

そこに気づくのが望診。

こちらも、受講されてる方が多くの『気づき』があればいいなぁと思います。



講座中、中医学を色んな角度でお話下さる山村先生。

又時間のある時に、雑学もブログで紹介できたらなぁと思っています。


hanaにとっては、

幸せな3日間でした。

いつもありがとうございます♪



by hana
by kaimerk | 2011-10-11 10:13 | 山村塾(望診法)