h a n a ~穀菜料理教室~
hanaburo.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
♪ マクロビオテイック薬膳研究会(症例研究科【生理痛】)
1月は冬休みだった薬膳研究会の症例研究科。

今月は【生理痛】がテーマ。


東洋医学的に『実症』タイプの生理痛と、『虚症』タイプの生理痛に分かれる。

『実証』タイプは、気血に詰まりが起きているのが原因で、

生理の出血が始まってから痛みが緩和される。

『虚症』タイプは、気血不足が原因で、

生理の出血が始まっても痛みが治まらずに、痛みが増す場合もある。


そこから、更に細分化して症状を診て、

改善作を考える必要がある。


教わったお料理は↓

e0188266_13581351.jpg
【五平餅入り薬膳カレースープ】
血液を浄化して、巡りを良くしてくれるメニュー。
香辛料を上手く使うと、
気血の巡りが良くなります。
注意は油の量。
鶏肉・ゴボウ・玉ねぎ・当帰・丁字などが入っています。


e0188266_1422670.jpg
【菜の花と大根の酢味噌和え】
こちらも血液浄化メニュー。
少しマスタードを効かせています。
普段から摂っておきたいお惣菜。
菜の花・大根・黒きくらげ・紅花などが入っています。


e0188266_1474233.jpg
【青梗菜と人参のミカンドレッシングマリネ】こちらは、養血・血液浄化メニュー。
ミカンの絞り汁とリンゴ酢を合わせたマリネ液に、
かなり細く千切りした青梗菜と人参。
かなりたっぷり食べれます♪


e0188266_1414794.jpg
【ヨモギ羽二重餅の黒ゴマよごし】
先生お得意の餅系デザート。
気虚・血虚の方にお薦め。
本格的なシナモンが入っています。
見えないけど、浄血のヨモギも入っていて、
とても美味しかった♪




生理痛は瘀血(血液の汚れ)が原因の事も多く、

それゆえ血液を浄化するメニューと養血のメニューが中心になります。

生理痛にも、色んな要素があるんだなぁ~と勉強になった一日でした。


自分の体調も少し真面目に調整してみようかなぁ~と。

皆様も、どうか穏やかに・・・




by hana
by kaimerk | 2012-02-08 06:34 | 薬膳研究会